6/20 釣り記録 久しぶりの相島

自粛解除後、久しぶりに相島に釣りに行きました。

前回行ったのが3月なので、3ヶ月ぶりです。とても嬉しい・・・!

今回も水中撮影に挑戦したので、その内容も載せておきます。

【記録】

場所

福岡県 糟屋郡(かすやぐん) 神宮町 大字 相島

時間

2020年6月20日(土) 8:00〜16:00

潮汐

大潮

水温

水温計:未測定

Windy:23℃

海の様子

・濁り少なめ

・波の高さ:1〜2m

釣果

・カサゴ(パワーイソメ)

・ドロハゼ?(さびき)

・ベラ(キュウセン)(さびき)

・メバル(さびき)

・グレ等の小魚(さびき)

水中撮影

水中撮影は

  • 新宮漁港
  • 相島 西側
  • 相島 岸壁

の三箇所で行いました。

以下、動画と解説です。

新宮漁港

朝に新宮漁港の湾内を撮影したものです。

動画はじめに4〜5匹の魚の群れが確認できました。ただ、水が濁っていてどんな魚なのかまでは確認できません。

水面付近では小魚の群れが確認できます。こういう小魚の群れも釣りに関係してくるのでしょうか・・・。調べていきたいですね。

相島 西側

相島は大きく「根魚天国の西側エリア」「アジの天国の漁港エリア」「イカの天国?東側エリア」「北風地獄の北側エリア」の4つに分類できます。また、漁港エリアは防波堤、浮島、岸壁、漁港内などのポイントがあります。

下の動画は根魚がたくさんいる西側エリアを撮影したものです。

動画を見て分かると思いますが、相変わらず水がとてもきれいです。機会があればダイビングとかもしてみたいですね〜。

肝心の魚ですが、ほぼベラ(キュウセン)などの小魚です。

時々チヌとシーバスの影のようなものを確認できます。

動画には写っていないですが、カサゴも潜んでいます。

また、海藻の状態から、イカもいるのではないかと思います。(撮影した日はコウイカの甲羅が捨ててありました)

あとフグ・・・。

この日は残念ながら釣果には恵まれませんでしたが、根魚に絞って狙えば良い型を釣れるかもしれません。

相島 岸壁

最後は漁港エリアの岸壁から南東に向けてカメラを落とした動画です。

ここは水深が20〜30m(奥の方はもっとあるかも?)あり、いろいろな魚を狙える場所です。また、アジが湾内で釣れるため、泳がせがしやすい場所でもあります。

(ただ、6月20日現在、湾内での釣りは禁止のようです。コロナの影響なのか、時期的なものなのかはわかりませんが、今後できないとなると残念でなりません・・・。)

さて、魚については冒頭での4コマにあるように、いきなりキタマクラがいました。水中で見ると可愛くない。というかビビった。

あとはベラ。時々チヌのような?影が映り込みます。

岸壁付近では小魚の待遇が待ち構えています。グレ、ベラ、メバル、ドロハゼなどです。

この日はダメ元で餌サビキをしました。10センチくらいのやつがめっちゃ釣れます。

釣れたやつをこれこそダメ元で泳がせ釣りに使ったところ、囓り跡がついていました。もしかしたらイカがいるのかも。それかエソ?

ポテンシャルは高いですが、幅広い釣りができるだけに作戦を考えて臨む必要がありそうです。

まとめ

あまり釣果には恵まれませんでしたが、久しぶりに相島に行けて最高でした・・・!

まだコロナがなくなったわけではないので、十分に気をつけて釣りをしていきたいですね。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。